債務整理・費用.com

2回目の債務整理は可能?

 

債務整理に回数制限や上限などはありませんが、選択する債務整理の方法によっては
年数制限があり、1回目の債務整理を行なってから年数が経っていない場合は手続きを行う事が出来ないのです。

 

年数制限のある債務整理とは、自己破産です。

 

自己破産には回数制限はないのですが、免責許可を得てから7年以上経過しないと
新たに免責許可を得る事は出来ない、と言う決まりがあります。

 

ですから自己破産を行ってからそれほど経過していないけど
債務整理を行いたい、という場合は自己破産以外の選択肢の中から選ばなくてはなりません。

 

自己破産以外の選択肢とは、個人再生、特定調停、任意整理などです。

 

個人再生も回数制限はありませんが、何度でも行なう手続きではありません。

 

自己破産後に何らかの理由で借金を抱えて、債務整理を行なう方の多くが選択する方法と言えば
裁判所を介さずに手続きの全てを行なう事が出来る任意整理です。

 

任意整理は、自己破産のように破産手続きや免責許可を裁判所を通して取得する必要がなく
債権者と債務者間で交渉を行い、結果を得る債務整理ですから何度でも行なう事が出来ますし
自己破産だけでなく、個人再生、特定調停後であっても手続きを行なう事が出来るのです。