債務整理・費用.com

債務整理をしたらクレジットカードを使えないのか

近年、消費者金融やクレジットカードのキャッシングやカードローンなどで、毎月の借金返済がままならなくなり、窮地に追い込まれている人が増えているようです。その為、テレビコマーシャルや電車などの公共の乗り物の中には、債務整理についての情報が頻繁に見られるようになっており、誰もが過払い金請求や借金相談などという言葉を聞いたことがあるようになっているのではないでしょうか。一昔前までは、こういった情報が一般的には広がっていなかったので、借金返済に苦しめられて人生を棒に振ってしまている人も少なくはありませんでしたが、借金問題は必ず解決策があるものなので、正しい対処方法を取ることが出来れば、いくらでも人生をやり直すことは可能なのです。できるだけ早めに弁護士相談へ出向き、債務整理の手続きを行うようにしましょう。自分が抱えている借金の総額、今まで支払ってきた履歴、今の収入源、所有している財産、抱えているローンなど、様々な条件を総合的に見て、どういった方法を取るのが最適なのか、弁護士が的確に判断してくれます。債務整理にはいくつかの方法がありますが、メリット、デメリットもあり、その方の状況によって違ってきます。しかしいずれの場合でも債務整理後は、その事実が信用情報には載せられてしまうため、クレジットカードを新たに発行したり、ローンを組むことはできなくなります。しかし任意整理という方法なら、約五年から十年後にはほとんどのクレジットカードは作れるようになるので心配いりません。