債務整理・費用.com

債務のデメリットとは?リスクはある?

債務整理は借金問題を抱える方の強い味方になってくれますので、返済が難しい時などには司法書士や弁護士に相談してみるのも良いでしょう。
借金の総額が減ったり返済期間が長くなりますので、借金問題を軽減する事ができます。
ただし、債務整理には良い事ばかりではなく、デメリットもあるという事を知っておく必要があります。
デメリットは色々ありますが、まず挙げられるのがブラックリストに載る事です。
債務整理をした後には信用情報機関に登録されてしまいますので、新しく借金をしたり、クレジットカードを作る事はできなくなります。
因みにざっと5年以上はブラックリストに登録された状態になりますが、期間を過ぎれば登録から外れます。
デメリットとしては自己破産の場合ですと特定の職業には就けなくなる事があります。
就けなくなる職業としては弁護士や警備員、生命保険の募集人などがありますが、こういった職業の場合、破産者が就く事は禁じられていますので制限を受ける事になります。
ただし、これは自己破産に限った事であり、任意整理などの手続きなら問題はありません。
債務整理にはこのようなデメリットがあるのですが、リスクと呼ばれるポイントもあります。
リスクとしては住宅などの財産を失ってしまう事です。
例えば自己破産の場合、債務を免除する代わりに一定の金額以上の価値がある財産はお金に換えて債務者に返済しますので、それによって住まいが無くなるリスクがあるのです。