債務整理・費用.com

債務整理後は携帯電話を買うのが大変かもしれない

クレジットカードや各種ローンの債務整理を行うと、今後新たにクレジットカードやローンの申し込みが通らなくなったり現在契約しているカードの与信に影響が出てくる可能性があります。加えて、金融とは関係が無さそうな携帯電話の契約にも影響が出る場合もありますので注意が必要です。
現在携帯電話を新規に契約する場合、スマートフォンやタブレットが主な機種となっているため端末も高額なものが多く、機種代金も24回の分割払いで契約していることが多いです。この際、各キャリアでは端末を実質0円として毎月のデータ通信料金から端末代を割引することで分割料金が無いように見せていますが、これは割引をしているだけなので実際には毎月端末の分割代金は発生しています。
債務整理を行った場合、新規に携帯を契約する際この分割審査が通らなくなる可能性があるため、携帯電話の契約自体行えない場合も出てきます。もし審査が通らない場合は一括で端末代金を支払うか、別途用意した中古の端末をショップに持ち込んで回線の契約をするなどの方法が必要になってきます。
新規の契約時だけでなく、現在支払いを続けている携帯料金を滞納してしまったりすると分割代金を支払うことができなかったということで事故扱いになり、他のカードやローンの与信に影響が出る場合もあります。携帯電話の契約はCICに登録されますので、どの契約が登録されているのか一度確認してみてもいいかもしれません。
このように携帯電話の契約でもクレジットカードやローンと同じように個人の信用情報は参照されますので、債務整理を検討する際は携帯電話の契約に影響が出ることも頭に入れておいたほうがいいと思います。