債務整理・費用.com

債務整理と任意整理の違いって? ※5分で理解!

債務整理というとどんなイメージを持っていますか。債務整理は借金の額を減らして重い負担を軽減する手続きのことです。
債務整理に似た内容のものに任意整理があります。債務整理と任意整理は違うものだと思っている人もいるかもしれませんが、任意整理は債務整理の一つの種類です。債務整理には任意整理・自己破産・個人再生・過払い金返還請求などいくつか種類があります。そのうちの一つに任意整理があります。
任意整理は裁判所を通さずに貸金業者と借金の減額交渉をするので、家族や知人に知られることなく行えます。
支払いが滞ると督促が来ると思いますが、任意整理を弁護士・司法書士に依頼すると、依頼した時点で督促がストップします。
債務整理のなかの自己破産と個人再生は官報にのってしまいますが、任意整理は官報にのりません。官報を一般の人が手にする機会は滅多にありませんが、どこからか入手してダイレクトメールを送り付けてくる業者がいます。
任意整理はブラックリストにのってしまうので、ブラックリストから情報が消えるまで新たな借り入れができません。5~10年すると情報が消えます。
債務整理と任意整理は違うものに感じてしまいますが、このような特徴がある債務整理の一つです。