債務整理・費用.com

債務整理後は奨学金を使えない?

学生時代に、奨学金を借りて大学などに行く人は数多くいます。
また、奨学金を利用するのは学問をしたいと考える人の権利でもあります。
しかし、昔なら大学を卒業すると正社員になり給料も毎年ベースアップするのが当たり前でした。
これなら、借りている奨学金も無理なく返済をすることが出来ました。
けれども、最近は内定率も低下して正社員になることが難しい時代です。
そのために、返済が出来ずに滞納する人が増加しているのが現状です。
奨学金も、他の債務と同じように債務整理をすることは可能です。
債務整理を、受けて自己破産を適用することもできます。
ただ、奨学金の場合は多くの人が借りる時に保証人を付けています。
債務整理を、実行すると滞納した延滞金と元金を合わせた額がその保証人にいきます。
また、この場合保証人にいくと分割払いではなく一括で返済をするような形になります。
保証人に、迷惑がかかるのが困るのは誰でも同じです。
これを、失くすためにはまず自己破産ではなく任意整理をすることです。
債務整理の中でも任意整理なら、奨学金を対象から外すことは可能です。
奨学金以外にも、借金がある場合ならこれを適用することができます。
しかし、他に借金がないときは考える必要が出てきます。
これが、今の社会問題になっている部分です。
返済は困難なのに、債務整理ができない状況に追い込まれているのです。
現在でも、返済が出来ずに滞納をする人は増加中になります。