債務整理・費用.com

債務整理のその後の生活は?

 

任意整理前と任意整理を初めてからの圧倒的な違いは
消費者金融を始め借入先からの直接請求が完全ストップし、
借入先と縁が切れることではないでしょうか。

 

直接請求が完全ストップするということは、借金をした本人のみならず
家族も精神的に追いつめられることはありませんし
会社に直接請求の電話がかかってきて上司に知られ
会社での立場が悪くなることもありません。

 

任意整理で完済するとその後数年は借金自体ができなくなります。
借りることが不可能になることで
本当の意味で借金から本人も家族も解放されます。

 

計画的に任意整理で3年ぐらいで返済が終わったあと
借金が増えることがないことが約束されるので
生活が破たんしていてもなんとか家族の協力を得やすく持ち直すことができます。

 

ですが任意整理をせず自分で消費者金融に直接返済し完済した場合、
ブラックリストに載って借金ができないということはまずありません。
むしろ上客ととられます。

 

大きな金額をまとめて早く返済すればするほど次の借金の申し込みが通りやすくなります。
なので完済後あまり間を開けず借金をすることが可能なのでまた借金を繰り返す可能性もあり
家族にとっては返済しても悩みが尽きないことになりかねません。

 

この点は大きな違いがあると思います。

 

また過払い金請求を同時に行ったとき、ともすると過払い金が借金と同等もしくは
オーバーした場合かなり負担が軽減され生活が楽になります。

 

債務整理というとその後の生活がどうなってしまうのか不安で
身構えてしまう方も多いようですが、
いざ債務整理を終えると清々しい生活が待っていたと言う経験者も多いのです。

 

債務整理に強いおすすめ法律事務所を「債務整理・費用.com」でご紹介しています。